消費者金融の審査項目とは

どうしてもお金に困ってしまい、お金を借りる必要があるとなったらどうしますか?

 

お金を借りることができる方法にはいろいろあります。
しかし、やはり一番簡単に借りることができるのは消費者金融のキャッシングでしょう。

 

スピードも便利さも一番です。
消費者金融なら、保証人も担保も必要ありません。

 

例えば、銀行でお金を借りる場合には、しばしば保証人や担保が必要になりますが、これらを用意することはそう簡単ではありません。銀行ではお金を借りるにはそれなりの時間と手間がかかってしまいます。

 

また、申込条件や審査においてもそのハードルが低めであることも魅力の一つです。

 

消費者金融の審査ってどうなの?

大手の消費者金融では、申込条件として、「20歳以上の安定した収入のある人」という条件をあげています。つまり、学生でも主婦でもアルバイトやパートで安定した収入を得ている成人であれば、申し込むことは可能ということです。

 

また、審査では、

  • 安定した収入があるかどうか
  • 借入履歴に問題がないかどうか

この二つについて調査されます。

 

安定した収入

安定した収入を証明するためには、書類の提出と在籍確認を受ける必要があります。
書類に関しては所得を証明するために給与明細や源泉徴収票などが必要になります。

 

各消費者金融によって提出すべき書類がことなりますので、きちんと確認して必要なものを正しく提出しましょう。また、在籍確認は主として勤務先への電話確認による方法が採られます。その際、消費者金融が企業名を名乗って電話することはないので、諸圧布をしようとしていることが会社の同僚などに知られることはありません。

 

この方法が一番確実で速いですが、どうしても会社に電話されたくない方もいるでしょう。そういった場合には代替え措置での対応をしてくれる消費者金融を選択することをお勧めいたします。

 

借入履歴

これは、過去から現在まで全ての履歴が対象となります。
特に過去の借入履歴で延滞や滞納を繰り返していたり、未完済の借金が残っているなどの金銭トラブルがあったりすれば審査には通りません

 

これらの情報は、ほとんどの消費者金融や信販会社で共有していますので、一つの会社で審査に通らなければ、他でも結果は同じです。特に、ブラックリストに載るような金銭トラブルの情報はマークされているので要注意です。

 

同じ時期にいくつもの消費者金融に申込を行うことは得策ではありません。
申込履歴もまた、全て共有されているのでかえって怪しまれてしまうからです。